小山正孝氏 追悼 

 

  平成十四年十一月十八日             

         日本現代詩人会会長 木津川昭夫

 

 

   小山正孝さんのご霊前に、謹んでお別れの言葉を述べさせていただきます。十一月十四日あなたのご逝去の知らせを受けて、悲しみに襲われました。病気ご静養中とは知りませず誠に申し訳なく存じます。                    

あなたは戦前・戦中日本詩壇の主流でありました「四季派」の詩人として出発されました。「四季」の作品や編集活動に参画し、「四季派」の未来を担う俊英の一人として、堀辰雄に愛されました。またあなたは「四季派」のオーソドックスな人脈を通じて、中村眞一郎、立原道造、杉浦明平、鈴木亨らの詩人・文人と親交を結ばれました。あなたの文学風土は豊饒でした。一九三九年には鈴木亨の「山の樹」の同人となり、一九六七年には「四季」の同人になられました。あなたはいつももの静かで、貴公子の温容をもっておられましたが、温容の中に燃える詩精神が感じられました。

 あなたの詩集には、名著『雪つぶて』をはじめ『逃げ水』『散ル木ノ葉』『山居乱信』『十二月感泣集』など八冊あり、優れた詩の世界を確立されました。詩の作風は「率直に裸の魂を歌っていて、抒情的であると同時に心理的である」(中村眞一郎)といわれておりますが、それは気取った抒情だけではもの足りなかったのではないでしょうか。心理的というのはあなたは人間ぐさい詩が好きだったのではないかと私は想像しております。

 あなたは二〇〇〇年には、詩集『十二月感泣集』(潮流社刊行)で第七回丸山薫賞を受賞されました。丸山薫は堀辰雄.三好達治と並んで第二次「四季」の編集を担当した「四季」の中核の先輩詩人であります。この詩人の賞の受賞は小山さんにとって、さぞ本懐ではなかったかと、心のなごむのを覚えます。また二〇〇一年には永年にわたる日本の現代詩の発展に貢献された功績により日本現代詩人会より先達詩人の顕彰を受けられました。

 小山正孝さん あなたの詩人であり、編集者であり、中国文学研究者であり、教育者であった生涯のお仕事に敬意を表しますとともに、日本現代詩人会を代表して、心からご冥福をお祈りし、お別れの言葉といたします。

             木津川昭夫著 詩論、エッセイ集「詩と遊行」より

                                                        戻る