夕方の九品仏

 

五月雨の降りしきる中

そびえ立つ九品仏浄真寺の大木

来てみると根方に二本の傘が幹の両側から見えた

斜めにつきささつてゐるかのやうだ

右側は男ものの大きいかうもり

左側からは色ものの小ぶりの傘がゆれてゐた

やがて若い男と女が現れてこちらの方に歩いてきた

僕は男の顔を僕の顔に変へ

女の顔を何十年か前の女の顔に変へ

着せかへ人形のやうにして

男の洋服を僕の洋服に

女の洋服をあの時の女の洋服に変へ

二人を大木の方へ押しもどした

大木の影に入つた僕は女を抱いてくちづけした

やはらかい五月雨のやうにねばつく

離れた所から十人目の観察者の僕の声がよびかけた

「もう少し傘を立てるやうにしてごらんなさい」

僕が傘を立てるやうにしてみせた

「それでやつと前と同じになつた」

僕は前といふのは何時の事かなと思つた

あの茅ぶきの屋根の頃のことだらうか

それとも着せかへる前のあの男女の時のことだらうか

境内の方々にひろい水たまりが出来てゐた

雨足は白くいよいよはげしくなつた

あの男と女はいまどこを歩いてゐることであらう

僕はひそかに考へた

                            戻る