チョビ髭 「田中冬二研究」・に寄せて

 

背の高い田中さんが僕の肩を抱くやうにして言つた

「気を落してはいけません」

箱根の山々を秋の風が吹いてゐた

眼下には茶色になつた草に覆はれた山があつた

枯れ草は風にそよぎ 風の向きが変るとまた枯れ草はそ

 ちらにそよぐ

「あれを見てごらんなさい

けだもののやうに見えてならない

山が息づいてゐます」

田中さんはささやくやうに言つた

「撫でてやりたいやうです

気を落してはいけません

僕もあなたと同じやうな目にあつたことがありました

苦境に立つことはありますよ」

田中さんのチヨビ髭が僕のすぐ側にあつた

言葉につれて 動いた

秋の空は 高く 清く

僕は田中さんも自分もけだもののやうな気がした

おそろしい自然の中で哀れに生きてゐる

かたみに 同類の血と心を感じあつてゐた

                        戻る