戸を開けると中からあたたかい空氣が

飛び出すやうに 顔を打つた

椅子がばらばらに置いてある せまい室

明るい笑ひ聲を 人々は立ててゐた

 

街は寝しづまつてゐるのに

お前の目は燃えるやうであつた

室をのぞき込んでから そこには立寄らなかつた

お前の足は ふと止つた

 

信じて下さるでせうか

私の 純潔 を

お前の 言葉は 眞面目に ひくく ひびいた

 

私は信じることが出來なかつた

愛する やさしい 美しい お前 では あるけれども

醉つたやうに 私はお前の手をひいて 歩きはじめた

                              戻る