君の手が私の肩に

どうして それで よいものか

君は立つたままでゐて

語りかければよかつたのだ

 

奪つたのだ

私は 君から

あの午後のことは

知つてゐるであらうに

 

全部は 知らされてないだらうが

君が 靴の先に 釘をつけて

私のすねに打ち込んでよい程のことなのだ

 

私は 心で ほくそ笑む

私の手が 君の 肩にかかり

君のほほゑみよ

 

            戻る