小山正孝の詩集 

 

雪つぶて

愛しあふ男女

逃げ水

山の奥

散ル木ノ葉

風毛と雨血

山居乱信

十二月感泣集

未刊ソネット集

その他

感泣亭に戻る

 雪つぶて 

 

 水の上  亡日  歩道  冬の歌  街にて  

 手負ひ  歌姫  海辺   初秋      

 折にふれて  路上  小曲  小曲  

   湯島  人に  人に  人に  思ひ出

 倒さの草  雪つぶて

 物語  河原  

 

逃げ水

 

 私の指に  言葉を  青い麦畑の中で

 お前に逢ふてだては お前のことを ナルチス 

 ナルチス2  ナルチス3  ナルチス

 ナルチス5  逃げ水1  逃げ水2  逃げ水3 

 蝉のいっぱい 二人は  ここでくちづけを  

 さまよひ歩く  外套のえりを立てて  樹液の

 アフガニスタンには  美しい唄  小曲 願ひ

 眞晝  一日  その人の  ある汽車  飛行場

 開業広告  肖像  詩人の教へ   疲れた昼 

   その時1  その時2  その時3  晩秋

 栗の木 扇1  扇2  木の芽のことも  道には新しく

 古代の森林の  その日の午前の

 お前の居なくなった部屋に 椅子の下には 

 目を細めてじいつと いつもそこだけを 

 さびしかつた土曜日 オルフオイス1  オルフオイス2  

 オルフオイス3  オルフオイス4  オルフオイス5

 ストリントベルク1 ストリントベルク2

 

愛しあふ男女   

 

 愛しあふ男女          10 11 12 13

 

山の奥

 

 山の奥  夜の歌  井田川  中空のもの  

 目で  心は  手に 山中饒舌  山中饒舌

 山の奥  山の奥

  

散ル木ノ葉

 

 散ル木ノ葉

 1つきはなせば 2両手を 3雪の山が 

 散ル木ノ葉

 1彼ハコップヲ 2五発ノ弾丸ヲ 3緑色ノ路面電車ニ 

 散ル木ノ葉

 1人間くさひにおひを 2君の土色の 3隊列の彼等は

   

 散ル木ノ葉

 1西洋菓子の  2夜になつても  3山肌は

 殺風景  草狂い  

 着色山水

 1晴れると  2男と女を  3求めても

 着色山水

 1あの水を  2木のあひだを

 残念無念集

 1二人の女が  2夜半の月の  3彼が僕の方を

 山中輪廻

風毛と雨血

 流動的 集中的 不確定 不確定 不確定 不確定

 風毛と雨血 蝶と野火 夕方の強羅

  石画記

山居乱信

 

 山居乱信 カバン 瀕死 夕方の田園調布 

 夕方の九品仏 帰国後の雑詠四編 悼亡詩 

 透明遊戯 山居乱信 山居乱信 チヨビ髭 

  モーニング・コール ある体験

 

十二月感泣集

 

 五月感泣集  九月感泣集

 あひびき あひびき あひびき くちづけ

 痛み 夕方の渋谷百軒店 

 池での事 船でのこと 庭での事

 ある庭園での三つの思ひ出   入園に際して

 

十二月感泣集 

  石段  人に  噴水  人に  

  追悼   高木恂 堀内達夫 西垣脩

 十二月感泣集

  年齢     

  追悼 佐野晶 佐野竜馬 

 十二月感泣集  

  机の上  マスク  屋根  

  追悼 丸山透  一色春海

 十二月感泣集

  快感  一瞬  水無橋  階段

  追悼 丸山三四子 吉行エイスケ

 

未刊ソネット集

 

 風はやさしく吹いてゐたらうか  閉ぢこめられた雨の日に

 誰が一番好きかと聞かれたら    昨日のことが遠いことのやうに

  戸を開けると中から   小雨が ひたひをぬらしてゐる

 片隅に坐つて   置き去りに されたやうな   

  ほんたうだらうか お前が    誰が乗つて走つてゐるのか

  むき出された傷を     君の手が私の肩に

 はずかしさうにうつむいて    片隅に坐つて  

 迫つて來る 日數

その他

 ポンペイ  ポンペイ1  ポンペイ2