山居乱信

 

 1

僕の家は破れ家だが

窓ガラスは透明にみがいてある

西日が射しこんで来てゐた

僕は家の者にともなくつぶやいた

「外は風が強く吹いてゐるみたいだね」

無言なので ふりかへると

光が家の者の頬を染めてゐた

 

2

室の壁には鏡がはめこんであつて

両側から僕たちの姿を無限に映し出してゐた

うすみどりの衣服の裾がはつきりと折れて見える

鼓動が乱れてしづけさの中では異常に高まつて感じられた

(ここは野原ではないから 僕たちは虫ではない)

「虫だつたらどんなによかったらう」

複眼だから 多数の草の葉

たくさんの君の姿 数かぎりない心の屈折

長い足と羽で跳躍して

自分たちにもわからない場所に行つてしまふことも出来るし

(虫の声が聞えて来る)

「僕たちは虫ではないものね」

いまは ただしづかに目を閉じてゐることにしよう

 

 3

障子を細目にあけると

前面に 山と空のあはひはさだかではないが

通つてきた坂道が辿れる

「何をごらんになつてゐるの」

蛍光燈の行列が遠く白く斜めに高まつてゐる

橋を渡つた時には互ひにすねてもみあつた

僕のポケツトから万年筆が飛び跳ねた

闇の中でさかんにゆれてゐる若葉その上に落ちて行つた

頭上の蛍光燈は氷菓子のやうに白く水つぽかつた

「ここから見ると蛍光燈が針の行列のやうに見えるわ」

互ひのこころも平安になることが出来た

自動車のテールランプがどんどん下つて行く

見届けることをしないで障子を閉めた

「僕は万年筆を失つたけれど君を得た」

あの時あれは小刀のやうに谷間に落ちて行つた

 

 4

「日がみじかくなつて来たといふのでせうか」

家の者が言つた

煙草を手にしながらしばらくのあひだ僕は答へなかつた

あるかなきかわからなくなつた日射し

机や 灰皿や

僕の眼は色々な物体を追つてゐた

                         戻る