流動的

 

 《自分が自分ともつれあつてゐるあひだに

  自分が流れであることがわかつた》

僕が気づいた時 自分が一本のものではなくて

何本ものもので よぢれて上になり下になり

両岸には青い山が迫りあつてそびえてゐた

両岸には楊柳が等間隔になびいてゐた

僕は果てしない時間を追つて行つた

僕は月の光に照らされながら背をふくらませてゐるので

 あつた

僕の実態が白い流れと思つてゐたのも

月の光のいたづらであつた

夜の明け際には 僕は自分の黄土色に気づきはじめた

両岸を結んで一本の長い石の橋がかかつてゐた

夜の明け際には橋上の手すりから下をのぞき見る者が現

 はれた

彼の目に黄土色の僕の姿がうつてゐるのがわかつた

小さい二つの恐怖のまなざしであつた

のぞき見る者といつても彼等は次から次とその目を変へ

 た

僕には彼等が同一の反応を示したにすぎないのがわかつ

 た

ある者は馬上から斜めに一瞬のあひだ僕を見つめた

白い虹立つ山のはざまの彼方を目指して

彼等はそれぞれに旅立つ者であつた

弓を背に 貧しい衣服に 赤や黄の思ひ思ひの飾りをつ

 けて

誇らしげに 騎馬の者も 徒歩の者も 立ちのぼる砂塵

 を残した

彼等と直角に僕は自分のうねりを見せてゐた

僕はしばらくのあひだ橋の下で

何度も廻流して彼等の行く末を見やつた

それから 僕は僕の流れを自分なりに流れはじめた

両岸の楊柳が等間隔になびいてゐた

日光にさらさらと音立ててその葉が銀細工のやうにかが

 やいて散つた

突然片方の山が見事に青くそびえ立つた

背後には青い空が無限につづいてゐる

僕の自我がほれぽれと自我の没入をそちらに計る

片方の山はゑぐられたやうに暗黒の影を落した

僕の自我があはてふためいてのたうちはじめる

夜になるのが近づく頃には僕は橋上の出来事を思ひ出し

 た

 《自分が自分ともつれあつてゐるあひだに

  自分が流れであることがわかつた》

僕は自分を失ひはじめて夜をむかへる

しかし 僕は知つてゐた

その頃 旅立つ者たちが おそらくは囲みの中で

血まみれで 僕を望み見てゐるのを

僕は月の光に照らされながら背をふくらませてゐるので

あつた

                        戻る