置き去りに されたやうな

氣持で すごした 午後

私はゆつくりと街を歩いた

商品を一つ一つ見て歩いた



お前に 何を送らうと思ひながら

腕輪 時計 首飾り……

眞珠は 圓みを帯びて

色々ににぶく光つてゐた



廣い野原に 立つてゐる 一本の木

お前と いつしよに休んだ

その下の 石のベンチ



思ひ出の中のお前の姿勢をめぐつて やがて

不思議なことに 私は さうしたお前に

いろいろ値段などつけてみたりしはじめてゐた

                  戻る