入園に際して

 

庭園の入口には看板が出てゐた

「六十五歳以上の方は入園無料です」

僕は受付で川崎市発行の「寿」(コトブキカード)を呈示した

そこには「入園料二百円」と書いてあつた

「すみません お庭を見せていただきます」

受付にゐた中年の小太りの女がつめたく言つた

「これには生年月日が書いてありませんね

それを証明するものがないと」

定期券 名刺 と考へたが残念ながら僕にはその要求に応じること

 

 が出来ない

「保険証でも持つて歩いてないといけないんだな」

つぶやいて僕は困つて立ちすくんだ

「今日のところはいいですから これからは証明するものが必要で

 す」

「すみません」

と言つて庭園の砂利を二三歩踏んで僕はひき返した

「お情けで入れてもらふのはいやですから料金を払ひます」

僕は銀貨を二枚指につまんでゐた

すると別のガラス窓が開いて 若いずつときれいな女の人が顔を出

 した

「いいんです どうぞおはいり下さい」

小さい声でさらに言つた

「これでおはいりになれるのですよ」

それならばと足を早めて池に向かつた

どうしてかういふことになつたかを歩きながら考へた

僕の帯同してゐた女が池の方で微笑をうかべて僕を待つてゐる

「ああ さうか」

年の若いいい女をつれてゐるジジイを憎んだわけなのだ

とにかく僕は女を待たしてゐることの方に気が向いた

「何かありましたの」

「いやなんでもない」

その時になつて心は年齢についてしづかにからみはじめた

社会的な関係を持つてゐた頃なら 僕は戦闘的に対応して 論戦を

 はじめたかもしれない

八十歳をこえてゐる人間が どうして 自分の年齢を 書面で つ

 まり役所の証明でなければいけないのか

僕白身はここに存在してゐるのに 十五年もの年齢差を書面で呈示

 しなければならないのか

女は言つた

「何を考へてゐらつしやるの あら つつじがきれいだわ」

「いや 何んでもない ゴオゴリの生きてゐた国にはつつじが咲い

 てゐるかどうかと思ってね」

                                                     戻る