道には新しく

 

道には新しく砂利がしかれてゐた

白く光つて月の光がつめたかつた

ためらふやうな私の心が

足の運びをおそくした

 

曲り角ではなほさらだつた

少し暗くなつたやうな窓からは

ランプにてらされた花だけが赤く見えた

私の影法師が壁にうつつた

 

つめたかつたむ前の指先

やさしかつたお前の言葉

なんといふ戀しさだら.

 

空氣が流れるやうに

誰も居ない室から かすかに

はげしい音樂が聞えてきた

 

            戻る