眞 晝

 

窓の中では事務がつづけられてゐた

心の中に夕立雲のはげしさを夢みながら

とぼとぼと歩いてゐると

建物風に身もだえしてゐる一株の夾竹桃が

僕の目の中でゆれた

葉には埃をいつばいためて

造花のやうな花を誇つてゐた

僕は自分のくつきりした短い影をかかへながら

その側に寄つた

ためいきをお互につきあつた

夾竹桃はささやいた

》あなたたちに心があるとは信じられない

僕はふたたび歩きはじめた

窓の中では事務がつづけられてゐた

                 戻る