一  日

 

しづかな朝の

階段のすみから 飛び立つた小さい蛾

こびるやうに僕のズボンにまつはる

しめつた黒いコンクリートの伽藍

お前は悲しいのか

ゆうべの僕の絶望を知つてゐるのか

やさしく ちりちり

銀の羽をうちふるはせ

どうしろといふのだらう

 

なぐさめてくれてゐるのか

僕は机の前に坐り 一日

事務をとつた

 

夜 僕は自分の机の前に坐り

蛾のことを考へてゐた

 

明日こそ

別のことがあるだらう

美しい別のことが

 

                  戻る