ストリントベルク 2

 

彼はこごんで自い道から

一つの小石をひろつた

しばらく考へぶかげに歩いて行つた

彼の背中を冬の日が追つた

 

彼はまたこごんで白い道から

一つの小石をひろつた

両手に一つづつの石を持つて

彼は歩みをつづけた

 

すれちがふ人とてもゐない

葉の落ちつくした木立を縫つて

かすかな風と冬の日が追つた

 

彼の両手の中の小石は彼の両手の中で

人の心臓のやうに脈うつてゐた

彼は石にほとばしる血を感じた

                        戻る