ストリントベルク 1

 

彼はポケツトから紙入れを出し

自分が棺の中に入る時を思ひながら

二枚のシヤツを買ひもとめた

彼の額には汗がにじんでゐた

 

人は生きるために白いシヤツを

色どりの布の中からえらび出すであらうに

彼はまぶしさうに目をあげて

窓邊の花をながめた

 

秘密の室から抜け出して來て

彼は自由を感じてゐた

》こんな風に俺の精神は元氣がいい

 

赤い花に日がさしてゐた

窓の中の方までするどく日はさしてゐた

いろいろなものが彼をはげましてゐた

 

                                    戻る