肖 像

 

冬としてはあたたかい

さんさんと日の降るある日

焼け跡の石垣の側に天の老婆が立ってゐた

顔はきざみ煙草みたいな皺がたくさん

着物はよれて灰色だつた

そして左の目が

やつばり友色にどんよりしてゐた

通りすがりの僕の方を

生きてゐる方の漆黒の目が

 

きびしく意志をひそませて見た

通りすぎるのを

秒瞬も失ふまいと

純粋の敵意でもつて!

通りすぎるのを見定めてゐる老婆

ふつと僕は耳にした

--------  ここは私の屋敷なんだ

ここは ここは 私の家

僕は見た

電信柱に変圧器

空には吐息の白い雲

                           戻る