飛行場

 

飛行機を見たいと少年は考へた

夢にまで見て飛び立つ思ひでやつて来た

建物は古びてゐた

巡査の意地わるさうな目つきと

紳士達のわざとらしい身ぶりと

待合室の閑散な煙草のけむりのたゆたひが

彼をむかへたものだつた

一刻を爭ふことのために

あんなやつらが乗つてゐたのか

叫んで 彼は 緊張を

あざ笑ひたい程だつた

夢をこはさなかつたのは

廣い 長い 滑走路の遠い眺めであつた

貧しい彼を愛情を持つてむかへたのは

人間の居ない場所だけであつた

                                           戻る