ある汽車

 

いま動きはじめたのは鐵板を積んだ汽車

三町の道程を 彼は行き來する

水の上にはうつすらとしたもやがかかつてゐる

ここに在るものは 鐵板と雑草と

彼は一日ここの道を行き來する

時々 叫び聲をあげて

疲れたやうな さうでないやうな

組織の中に組み入れられて

安心したつとめを持つて 老朽を待つてゐる

彼は 自らの老朽に氣づかないで

彼は老朽を待つてゐる

水はしづかに流れてゐる

水は日毎に新しい

                             戻る