美しい唄

 

美しい なつかしい唄

女のなめらかな聲が流れる

川のほとりで足を投げ出して

うつとりとして聞いたことのある遊園地の唄だ

やくざの強い男を女が追ひかけて行く

鞭を持つた男のじやけんなやり方に

女がうらみをこめてうたふ唄だ

花びらをひとひらづつむしりながら占つて

涙聲から 急に うれしさうに

女が狂ひ聲をあげる

あの遊園地の

私たちの子供のころ

川のほとりで足を投げ出して聞いたことのある

残虐な唄だ

いつまでも聞いてゐていいのだらうか

いったい 誰が 何故うたつてゐるのだらうか

 

         戻る