願 ひ

 

むかし 私は鳥になりたかつた

むかし 私は蝶になりたかつた

飛べるから 塀の中へ入れるからだ

塀の廻りをぐるぐる廻つた

どこにも入る所がなかつた

 

それから何年かたつて

私は島になりたいと思つた

私は蝶になりたいと思つた

 

飛べるから塀の外へ出られるからだ

 

塀を支へてゐるものが 外からも内からも

私白身なのだと氣がついて

私は自分の哀れをにくみはじめ

いまの私は 塀にぶつかつて

こはしてしまひたいと思つてゐる

 

                  戻る