モー二ング・コール

 

ベルの音が高く鳴る

夢うつつに モーニングセツトしておいたこどを恩ひ出す

「オメザメノオジカンデス」

女の声がくりかへして言ふ

自分で目をさますやうにしないと全く不愉快な恩ひをする

シヤツを着ながら考へる

(正しくは「オメザメノオジカン」ではない

「オメザメニナルオジカン」

「オメザメニナルトアナタガシテイサレタオジカン

……」)

白い壁にぶら下つた鏡の中の僕の顔

電語局の方では先刻承知で

神経の紬い人聞に精神的抵抗感を与へることにより早目

 に社会感覚をとりもどさせるといふのかもしれない

窓からは街の屋根の上を晩秋の風が渡つてゐるのが見える

身仕度を終へ 廊下 エレペーター フロント

ガラスの自動ドアから外へ出る

ビジネスホテルの前の並木道

ある朝こんなこともあらう

「オナクナリノオジカンデス」

その時も .僕は同じやうにカバンを持ち

枯葉の吹き散る道に歩を入れる事になるのだらう

                                                       戻る