迫つて來る 日數

指折り 數へてゐる

哀れな 俺を

いつたい 誰が 知つてゐるのだ

 

目を閉ざして

俺が俺自身の心の目を

もう一度 閉ざさうとして

つとめてゐるのを 誰が知つてゐるのだ

 

道は 夜かもしれない

俺が 胸のボタンを外してゐるのを

つめたい 空氣がねらつてゐる

 

果して俺は

その日數の果てた日にも

考へてゐることを俺に言ひきかすだらうか

            戻る