閉ぢこめられた雨の日に

ガラス戸の外では並木がけぶつてゐる

ガラス戸の中では音楽が

しづかに曲をかなでてゐる

 

お前の涙を

私は手に感じ

ぼんやりと

雨脚を見つめてゐる

 

千の言葉よりも

お前のすすり泣く聲の方が

千の言葉よりも

 

お前のゆれるからだを支へてゐる方が

私の氣持を亂れさす

眞實はあの雨のやうに私をぬらす

 

『ノートD』より                              戻る