風はやさしく吹いてゐたらうか

きくこともなしに 日はめぐつてゐる

お前の聲を

いま お前の居ない橋の上で

 

さざ波は 荒々しく乱されながらも

なぐさめるやうに すぐ もとのさざ波に

橋には 日が 照りつける

お前の聲は きこえない

 

うづくまつて 黒い小さい影を

私は 待つて ゐればいい

空しい 心の 訪れを

 

さうして 夜の星に

語りかけるのだ 風も 橋も

太陽さへも 私をなぐさめきれなかつた と

窓も 壁のやうな つめたさだ

うつむいて 歩みをはこぶ

私の心は 冬ざれのやうな

つめたい あきらめにみちたものだ

 

お前の おもかげを 追ひながら

私は 歩みをはこぶ

同じ コースを たどりながら

ぐるぐると 一つの室の中を

 

抱きしめる 自分の中から

立ちのぼる 思ひ出の

私たちの 道

 

並木道を はじめて

肩よせて 歩いたことも

ぐるぐると 今は私は絶望的だ

                               ノートDより        戻る