はずかしさうにうつむいて

起きあがつた お前のえりに

私は朝のくちづけをしよう

戸のすきまから銀色の光が


線のやうに ゆれてさしこんでゐる

胸のはだけた白い肌の所にも

強く 打ちつけるやうに

光はさしこんでゐる


小さい ごみが いつぱい 舞つてゐる

行き 交ひ ぶつかり

もう 雀の鳴いてゐるのも聞える


私の目にも まぶしい光がさしこんだ

お前の指が 私の肩にかかり

支へようとするお前を押したふす時に

             戻る