くちづけ

 

「ひようたん」「橋」「夕月」の三幅の展示してある部屋

墨絵のひようたんは太い筆でくねくねと描かれてゐた

夏木立の中の朱塗りの橋は強烈だつた

夕月は海の上にあって海辺はひどくくらく描いてあった

美術館は閉館に近い時間だつた

あれは何室目あたりのことだつたらう

前後の部屋を通して無人であつたし静寂であつた

「夕月」の前でどちらからともなくくちづけをした

「海の色がをかしいね 眞珠の粉がまぜてあるのだらう」

僕がつづいて

「あかるすぎるもの」

と言つた時

気がつくとあなたはゐなかつた

どんどん行ってしまってゐた

「図録を眺めながら僕は思い出してゐる

あの時の二人は不器用で うまくいかなかつた

口の中がじやりつとした

夜ふけての反省として解説すれば

っまり『夕月」の作者か デーモンが怒って砂を僕たちの口に投げたのだ」

今度 仲なほりしよう

                                            戻る