小雨が ひたひをぬらしてゐる

私は それをぬぐふ 元氣もない

しづくは 眉のあたりを 横に流れ

走る都内電車の窓のあたりもぬらしてゐる

 

お前も どこかの街を歩いてゐるのではないか

立ち止つて 飾り窓を のぞきこんでゐるのかもしれない

水たまりの中も 雨はぬらしてゐる

走る自動車の屋根は少し白く光つてすぎる

 

心のやり場に困つてしまつて

私は お前をうらんでゐる

西の空が明るくなり 雲が走りはじめた

 

お前のレインコートの雨のしづくが

一筋ひいて 落ちるやうに 私の手の中に

お前の心が 落ちこまないだらうか

                                               戻る