昨日の ことが 遠い ことのやうに

私の 心の中に 位置 する

たしかに お前を 私の胸の中に

抱きしめたと いふことが



暗い 道を 行くやうな 私の生の

昨日の 不意に現れた時のために

打ち切られた 喜び

運命が 訪れたやうだつた しかし……



戸が開けられた 外は

五月の風が 吹いてゐた

嵐のやうに 大つぶの雨さへが



私たちに 幸福といふものは無かつたのだ

明日は 戸を閉ざすであらう

お前はお前の思ひ出の中に 私は私の思ひ出の中に

                戻る