カバン

 

砂浜にカバンを置いて

僕は波打際まで歩いて行つた

しやがんで波の寄せて来るのを眺めた

目に射し込む西日の色

気になつて僕はカバンの方をふりむく

やや離れた場所に小さい黒い姿が見えた

時間がすぎると あたりの様相は変化しはじめた

立ちあがつて 僕はカバンの所に行つた

しかし カバンは無かつた

さつきふりむいてカバンを確認した場所には

カバンは無い それは流木であつた

方向と距離の誤認

くらがりがすでに海岸いつぱいにひろがりはじめ

砂粒のやうに重くのしかかつた

そこらをさがしてみたのだが

種播く婆勢で動いてみたのだが

僕は僕のカバンを見失つた

                         戻る