いつもそこだけを

 

いつもそこだけを残しておかう

私は見ないやうにしよう

お前の歴史の中で

もりあがるやうなはげしいいたみ

 

お前の手はかくさうとしてゐる

私の手はお前の手をはねのけて

お前の苦しさうな表情を

見つめておいてから お前の手にかはる

 

私たちに愛といふものが

通ひはじめるのは いつも

そのあとからだつた

 

かけひのかけられたやうに

私の中にお前が やがては

お前の中に 私が 音たてて流れるのだ

                                戻る