痛 み

 

道玄坂を登りきつた路傍に

御影石で造られた大小二つのピラミツドがある

一辺が十五センチのものと十センチのもの 黒く光つてゐる

僕はそれぞれの頂点に掌を押しつけることにしてゐる

かすかな痛みを感じる

行事のやうにしてそれから坂を下る

東横線の始発ホーム

何人かの人の間に立つて電車を待つてゐた

「ここは並んで乗るんですよ」

行列の中央のあたりがすいてゐたので

二三歩するすると僕が移動したことをとがめてゐるのだ

白髪まじりの中年の男の澄んだ声であつた

「ごめんなさい」

僕は低く声を荒げた

さらに

「御立派」

とつけくはへた

この場合の痛みはピラミツドの痛みとは性質が

ちがふ

                                       戻る