ほんたうだらうか お前が

  婚約したといふのは

  私の見知らない青年と

  さうした 話をしたといふことが



  若葉の 下で

  髪をなびかせて

  お前が 見上げたといふ

  その人を やはり若葉がおほつてゐたと



  悲しい 私の胸の中に

  何といふ かげを落したのだらう

  お前が 婚約したといふことが



  それは ほんたうだらうか

  お前が かつて 人を愛したことが

  かつて人に 抱かれたといふことが

                                     戻る