船での事

 

深夜の書斎の中で僕は夕方の船での事を検証してゐる

結局 あれから小雨はまだ降りつづいてゐる

一本のビニールの傘に身を寄せて船つき場まで行つた

途中で僕は急にしやがみこんだ

砂利の道に落ちてゐた翅の濡れた蝉を手中にした

僕はすぐ立ちあがってお前に追ひついた

「どうなさったの」と聞かれても僕は答へなかった

大きな波が窓のすぐ側でもりあがり

うすよごれた鉛色の水がお前の頬の近くにゆれてゐた

「はじめてあつた時みたいだね」

不思議さうに僕を見上げるお前の目

「秘密を持つてはいやよ」

僕の上衣のボタンに小指をかけながらお前は言つた

大勢の雑多な客のあひだにあって僕たちの時間はすぎてゐる

船内放送がしやがれた声で言つた

「危険な際には案内にしたがつて慎重に行動して下さい」

「あの時気分でもわるくなつたのかと思つたのよ」

しばらくのあひだ僕とお前の心はしつくりといかなかつた

僕の秘密はポケツトの中の蝉

もしかするとお前の言ふ僕の秘密

あの蝉は僕の別の女といふことなのだ

ああ お前

僕たちは危険な際に直面してゐる

慎重に行動しなくてはならない

                                 戻る