誰が乗つて走つてゐるのか

電車のひびきがここまでやつて來る

窓を 通して

シヨパンの音樂を打ちくだいて



私の心をひきずり出すやうに

お前は こんな私の所までやつて來る

椅子に坐つて

一人でゐたいと思つてゐるのに



雨は もう降らないらしい

くたびれたやうな 私の唇にも

しやべりたい氣持がうつる



荒れはてた 日常に

完成されたやさしさを求めてゐた

ひどいまちがひに 私は氣がついたのだ

                                     戻る