ある庭園での三つの思ひ出

 

 枝垂れ桜

 

庭園に入ると すぐの所は広場になつてゐる

中央には枝垂れ桜の大木が立つてゐる

僕はこの大木の花盛りを見たことがない

庭園内にはおだんごを食べさせてくれる場所がある

池を眺めながらつまむのを たのしいこととして いつもさうしてゐる

庭園を一周して帰りがけには同じ場所に来て夕闇の迫る中でゆっく

 りと大木を見上げる

その日の天候によつて また季節によつて 枝垂れ桜の枝のゆれや

 緑の葉も変貌する

あれは夏の日のことだつた

おだんご売店の少女が 店を閉めての帰りがけであらう

大木を見上げてゐる僕のすぐ側をいそいそと通りすぎた

おとなしさうな白い顔が ふとふりむいて僕に言つた

「春に花が咲いてゐる時には きれいですよ」

僕はするどい声を耳にしてどぎまぎした

何回も僕は庭園に来てゐる

どういふわけか枝垂れ桜の満開の花といふものを見てゐない

おだんごを食べながら椅子に坐り池を眺めることは欠かしたことが

 ない

あの時の少女であらう お茶を運んで来てくれる

その後は 言葉を交すこともなく

年月がすぎてゐる 僕は心の中でつぶやく

「美しい満開の時にめぐりあふことがなくてすみません」

僕の耳にはあの時のはりのある声がひびいてゐるのだ

さらにそつと小さい声で僕はつぶやく

「あなたのことは覚えてゐますよ

ふりかへつて言葉をかけてくれたことは忘れません」

 

  雪の朝

 

僕がまだ学生服を着てゐた頃だから六十年もたつてゐるわけである

前夜降雪があつて庭園は純白であつた

池の水の青さがするどく際立ってゐた

それを背景にして目の高さに

小さな白い包みが枝の先にぶら下つてかすかにゆれてゐるのが見えた

「小鳥ではないし 毛虫でもない」

近づいて僕はそれが何であるか気付いて目をそむけた

枝には小さい短冊も結ばれてゐた

「さきほど彼女と ちよっと つけました」

 

裏側に

「ゴメンナサイ」とあった

戦時中はその場所は 高射砲の陣地になつてしまつた

不思議だと思ふのだが

一面の雪なのにどういふ風にしたので可能だつたのか

御殿女中と若侍のもつれる姿とか

桜姫と清玄のからみとか

いろいろに考へて

不愉快な思ひ出にはなつてゐない             戻る