朝

                           

いちめんに 雪ばかり

はらはらはらはら 粉雪も 飛んだ

雲間から おびただしく 光が ふつた

山山はかがやき出した 風景は 冷く ぢいつと しづんでゐる

僕ひとり 黒く ぽつねんと 歩いて 行つた

うすぐろい 雲は てれくささうに のたうつて ゐた ゆうべの續きのやうに

 うすぐろかつた

落葉松は しよんぼり そびえ

時々 烏が すうつと ひくく 野原を 飛んだ

さびしく カア カア 梢で 泣いた

僕ひとり 長靴はいて 歩いて 行つた

おびただしい 光を あびて てれくささうに 目をしばたいて

烏をながめ 梢をながめ 粉雪を蹴散らし 歩いて行つた

 

  「山の樹」通刊八号(昭和十四年十二月一日発行)より

 

                                   戻る