吉行エイスケ

 

中学生の頃

学校をさぼつて吉行さんを訪ねた

村山知義設計のパーマネントのビルの建つた頃である

二階の広い和室に招じ入れられた

僕は学校に行くのがいやなので

吉行さんに滅落への路を教へてもらひたかつた

「あなたは何よりも学校へ行くことです

勉強をして上の学校へすすむことです」

期待に反したのに吉行さんに誉2言はれると僕はその気になつたらしい

当時何歳であられたのか

僕が弘前の学校から東京の学校に移つた頃

っまりそれから数年の後に三十代で吉行さんは亡くなられた

伊達得夫にかうした事を話した

「このあひだ吉行淳之介に逢つたら 彼も同じやうなことを父親に言はれたと話してゐました」

伊達得夫は僕にさう伝へた

                        戻る