屋 根

 

ねむりから覚めた

電話のベルが鳴つてゐた

はげしい風の音に気がついた

「朝早くから失礼だとは思ひますが

お宅の屋根がめくれあがつてゐますのでお知らせします」

近くに住む女の人からであつた

外に出て斜めの角度から屋根を見上げた

龍の首のやうにめくれあがつて

トタンが細長く空に立つてゐた

はげしく音をたてて 身もだえして

生きてゐるかのやうに伸びをして僕を威嚇した

僕は家を失ふことになるのか

茅葺であればゆがんだ菱型になつて

空を飛んで行つてしまつたであらう.

僕の家の屋根の場合ははげしい音をたてて

千切れきれないで大空に喰らひかかつてゐる

棟梁に電話をかけた何も出来ないで立つてゐる僕の前で

彼はさっさと屋根にのぼって太い釘を打ちつけてくれた

吹き飛ばされて谷の方へ落ちて行く茅葺の屋根

それは以来

僕の心の中を飛ぷ

トタンのきしみの音を混ぜることもある

                                        戻る