高木 恂

 

あなたがこの世を去られたと知りました

あなたの事を考へてゐます

黒板一面にこまかく美しく書かれたあなたのたくさんの字

あなたの授業の次が僕の授業でした

僕の乱雑な字を書くために黒板ふきでゆつくり消しました

改良されたとはいへ粉が舞ひました

粉があたゝかく僕をつつみました

僕は活力を得て姿勢と声をあなたに似せました

僕もこの一コマをすませたら

「よつ」と白分に声をかけるやうにして教壇を下り

しづかに足早にあなたを追つて行きます

チヨビ髭の温容を追つて

                                 戻る