西垣 脩

 

室内に横たはる君を

たくましい一幹の竹と感じた

十三回忌をむかへるのだつてね

春には 月の光がチラチラと

夏には 小雪がサラサラと

いつれ僕も入りこむ

ずれた君の季節の中に

 

            戻る