堀内達夫

 

僕がわすれることの出来ないのは

「堀内医院」の門燈と

「麥書房」の看板である

 

堀内医院と書かれた門燈と

麥書房と書かれた看板と

僕の年月の前後をはさみつけてゐる

 

土手町で高校生だつた僕と

小学生だつた堀内君とすれちがつてゐたかもしれない

花びらをあびながら

秋風に吹かれながら

吹雪の中で

豊橋で 神保町で

君と僕と互ひに気づかずに歩くことがあつたとしても不思議はない

けれども これからはそれは絶対にあり得ない

悲しいけれど

さうなのだ

                  戻る