黒い鉄棚のあひだから手をさしのべて

僕は竹の幹を握る

感触をたのしみ 気をもらふ

家の者も同じことをする

「あれは去年さはってゐた竹なのに手がとどかなくなった

一昨年のはあんな所に行つてゐる」

「竹つて移動するものかしらね」

家の者と僕の散歩道は定つてゐる

井田川を上田橋で渡つて左折する

右側に移動する竹がある

                                  戻る