佐野 晶

 

佐野竜馬の住んでゐる千葉と

僕の住んでゐる川崎とは 近いやうな 遠いやうな

いつか 電話をかけたら 晶さんが出て

「佐野はいますぐ参ります ちよつとお待ち下さい」と言つた

しばらく時問がすぎて 電話はつながつたまましづかだった

ふたたび晶さんの声がした

「いま こちらではちらちら雪がふりはじめました」

「さうですか」

僕は千葉にふる雪を心の中に描いてゐた

雪片の大きさや その速度を

貴女がおなくなりになつたといふ 悲しいしらせを受けました

今度は僕の方からおはなししてもいいでせうか

「川崎の方はあの時と同じやうな曇り空です もしかすると貴女

 のゐらつしやるところでは ほたるがとんでゐるのではありませんか」

「いま こちらでは

しづかに ほたるがとびはじめました」

                                            戻る