佐野竜馬

 

佐野君は中央公論社の編集者として

「日本の詩歌」「書道芸術」「文人画粋編」などを担当した

僕はその手つだひをした

佐野君が最後に編集したのは 佐野晶「自然の恵み・祖母の為に

 祈る」である

感じのよい造本である

そこに僕の追悼詩が印刷されてゐる

佐野君にしても僕にしても考へてもみなかつたことである

浅草で食事をして別れた時佐野君のうしろ姿にたよりなさを感

 じた

年譜を読んでわかつたことであるが

当時すでに身体に不調をきたしてゐたらしい

歩き方もゆつくりしてゐておぼつかなかつた

二人は楽しい夕食をしたのだ

僕はそれでよかつたのだと思ふ

ほたるは ゆつくりと飛ぶ

もしかするとあの頃から 佐野君は

晶さんの前をしづかに すぎて行ってゐたのかもしれない

                                           戻る