マスク

 

マスクをしてゐる自分が

ガラス窓にうつるのを見るのが好きだ

そこにゐるのは自分でない部分が大部分だからである

赤いマスク 緑のマスク 黄色のマスク

混乱した自分を求めてゐる自分の姿はそれなりに存在感がある

少年の群れが追つてきて

僕に石を投げつけることもある

 

                                    戻る