丸山三四子

 

蝉川のお宅の庭には 芝生が敷きつめてあつた

中央に小さいアルミの箱のやうなものが置いてある

「あれは何でせう」

丸山薫はいたづらぽく笑つた

「見てゐてごらんなさい いま向ふで家内が操作してゐますから

面白い噴水なのださうだ

水道の故障で水は出なかつた

あれから何年たつたことか

丸山薫去り

今日の午前十一時あなたの死去を知つた

あかるい午前の光の中で突然蝉川の庭の幻を見た

アルミの箱が芝生の上を飛びはねて水を噴射してゐる

水は白くひろがり

くるくると不規則に舞つてゐる

「あつ 鶴なのですね」

水道の故障がなかつたら

あの日僕はこの感触を持っことが出来たのだ蝉川の庭は芝生も荒れてしまつてゐることだらう

                                             戻る