階     段

 

「ジヤズ」を「奇楽」と訳したのはどなただらうか

僕は「奇楽館」にほとんど毎日行く

狭い階段を一段二段と数へながら登る

十三段と数へて考へる

「この階段の数は死への数ではないか

このことをいつか詩に書いてみよう」

うす暗い室に坐つてコーヒーを飲んでゐるうちに

気持が落ちついてそのことを忘れてしまふ

音の方は 僕の頭をつんざいたり おどろかせたり なだめたりし

 てくれる

二時間もすごすあひだに何枚かのレコードでは

何十人ものジヤズメンが活躍してゐるわけである

僕は満たされた思ひで階段を下りる

狭い急な下りに気をつけながら下りる

時にはいつも持つてゐるステツキを忘れて

「奇楽館」の美しい女の人が追ひかけて来て

僕をよびとめてそれを手渡してくれる

重い闇の中を歩いてゐていつしか十三階段を詩に書くことを忘れて

 しまふ

                                      戻る