一    瞬

 

あなたはカマキリの首をつまんで僕の方にさし出した

いたづらつぽい目をしてくちびるをとがらせて

僕にカマキリを見せた

茶色に緑の線のある細長いカマキリ

下腹をもだえて動かしてゐた

すべての足をさかんに動かしてゐた

「そんなものすててしまひなさい」

僕に言はれて あなたはすぐに草の上にそれを投げた

二人は無言で足早に歩きつづけた大きい白い月が正面に出て

強烈なつめたい光が僕たちに向つてゐた

さつき見た事で僕は非常に怒つてゐた

カマキリの小さい三角の顔があなたに向つて笑ひかけ

その一方で彼の半面は僕を冷笑してゐた

身もだえながらも勝つたと言つてゐた

一瞬といへど三角関係の成立を僕は許せなかった

                                                 戻る