一色春海

 

伝聞にもとづくことだからちがつてゐるかもしれない

しかし僕にとつてこのことは僕と君との関係の一番なつかしい思ひ

 出だから大切なのだ

小学三年の編入試験に合格して転校して来た僕と君とは はじめての友人になつた

あの時二人は教室の窓から紙を千切つて飛ばした

風に乗つて白い細かい紙切れは藤棚の上を舞つた

君は大学は慶應に行つた

芥川君に聞くと劇団を作つて活動してゐるといふことだつた

日劇小劇場の仕事をしてゐるとも聞いた

クラス会で逢ふ機会もなかつた

あの女優が幕切れに大股びらきでかつぎあげられた一瞬

降るやうな白い細かいライトが

股の内側のすべてを照し出してゐる迫力  

「あ 一色君の演出だ」と思つた

風に散らした白い紙の散乱

見上げながら僕はあの時二人で飛ばした紙切れを

今度はあびてゐるかのやうになつかしかつたのだ

一色君はどう生きたのか

それは知らないけれど

僕には彼をこのつくりあげられた空想の中でわすれることが出来

 ない

                                        戻る