噴 水

 

噴水の音ははつきり録音されてゐる

蝉の声も

カラスの声も

あの時の僕のつぶやきも入つてゐる

「ライターの火がつかないんだよなあ」

ボケツトのマツチは昨日捨ててしまつたばかりなのだ

煙草を吸ひながら噴水を眺めたかつたのに

僕には噴水の白いほとばしりが見えてゐた

「失策の緊張感の中でテープを廻すより仕方がない」

テープには

蝉の声 カラスの声 噴水のしぶき

加へて僕の無念

それは音としてではなく気分として入つてゐる

                                         戻る